Beach, beach and beach in Menorca!

IMG_6929

メノルカ島2日目以降、最終日までは毎日違うビーチに通いました:)

From the second day in Menorca till the final day, I went to different beach everyday 🙂

この写真は私たちが訪れた一つ目のビーチ、Cala en Mitjana(カラ・エン・ミッジャーナ)です。

まさにこの写真をネットで見て今回の旅を決めたくらい、私には思い入れのあるビーチで、まさか一つ目のビーチがここだとは感動でした。

これを見たいがためにここまで来たというもの!と思ってビーチに行こうとしていると、何やら友達が「ここより綺麗で人の少ないビーチが隣にあるからそっちに行こう」と隣にある山に登り始め…。

IMG_6930

道無き道を雑草をかき分けながら歩いて20分、問題児第一号はなんと自分でした。襟元に引っ掛けていたサングラスを落としてなくしてしまい…。が、運の良いことに、私たち一団の後を歩いてきたカップルが「サングラスが落ちてたから見やすい場所に置いておいたよ」と。優しいフォローに感謝(涙)

「スペインてどこでも落としたものは盗まれるものだと覚悟してたけど、メノルカ島は違うのかもしれない… 」なんてぼーっと歩いていると、さっきカップルからサングラスを受け取って私に渡してくれた友達が気づくと視界にいない…!さらには我々がすっかり道に迷っていたことが発覚し、エッ!!

隣にあるビーチに行こうって軽く言われたから、道分かってるのかと思ってたらそうでもなかったらしい。ラテン系の豪快な行き当たりばったり度に久しぶり振り回された瞬間(笑)←その時は笑えなかったけど。

友達は携帯を持っているはずなのに何度電話しても繋がらず、まさか崖から落ちたのではなど一瞬心配したものの、落ちたのなら何かそれなりの音が聞こえるはずだし、岩登りが趣味の男が落ちる訳ないと、その筋は無いということで捜索を続けることに。山道を登ってくる人にも声をかけて20分程周辺を捜索していると、「その男性、さっき山道に入る前に見たよ」という証言が…ああ、良かった…。

今となっては結局名前も覚えてない『より素敵なビーチ』への行き方もその後分かったものの、スペイン人一行は疲れてしまったらしく断念することに。

IMG_6932

ここは3日目の朝一人だけ早く起きて行ったSon Ganxo(ソン・ガンソ)の海辺です。

1日目に目が合った瞬間から後をついてきた人なつこい猫がいて、その猫を探したものの見つからず、ここで家に引き返すことを決めました。小さな漁船が一艘ちょうど陸に戻ってくるところだったのですが、その風景がなんとも現実味があってバケーション気分が飛んで行ってしまいそうだったので、急いでこの場所を離れました。

IMG_6934

わたしたちが滞在した家のそばには大きなプール付きの豪邸が多く、散歩しているだけで建築の雑誌を眺めているようでわくわく。

IMG_6935

3日目みんなが起きてから Cala en Turqueta(カラ・エン・トゥルケタ)というビーチに行きました。

IMG_6936

ビーチ自体は浅瀬で良かったのですが、以下の通りこの日ここのビーチは人が多すぎてちょっと残念なことに。8月もあえて最終週に行ったのでもうかなり観光客も減っているはずなのですが。

IMG_6938

3日目はビーチから比較的近い街、Ciudadela(シウタデーラ)にも行きました。

IMG_6939

小麦粉を引くために使われていた巨大な風車付きミルです。今はカフェ兼レストランとして建物が使われ続けています。私は未だにあの『Don Qijote(ドン・キホーテ)』に出てくるようなスペインの内陸の風車を見たことがなかったため、今回が初めてでした。

IMG_6940

これはシウタデーラの伝統のお菓子です。名前は覚えていないのですが、程よい甘さで美味しかったです。可愛らしいお花の形ですが、甘党のメンズもばっちりお買い上げ(笑)私はイチジクが入っているタイプをいただきました。

IMG_6945

ここがシウタデーラの市役所です。

スペインがアラビア王国に占領されたことはレコンキスタなどでも有名ですが、実際どの程度の度合いだったかというと、東はメノルカ島まで侵入してきていたそうです。二本ずつ並ぶ円柱丸みを帯びたポーチは当時の名残です。

IMG_6946

メノルカ島のマオー市もシウタデーラ市も両方に共通するのが城壁です。

メノルカ島侵攻 (1781-1782年)がこの島をとりまく戦争としては有名ですが、戦争に備えてイギリス軍が作ったのでしょうか。

IMG_6949

今日は驚く出来事はさすがに無いだろうと思っていたのですが、なんと夜に旅行メンバーの一人がこの港で魚釣りをして釣って来た魚を家で捌き始め、レンタルしてる家の台所が強烈な魚臭に覆われることに…。勘弁してくれ…。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.