Tossa de Mar

IMG_5133

Semana Santa(セマーナ・サンタ:聖週間)はイースターホリデーのスペイン語版。

キリスト教国のスペインも毎年イースターホリデーの日にちは変わるものの、Viernes Santo(聖金曜日)→土日→ Lunes de Pascua(復活祭の月曜日/イースターマンデー)と最低4日間のお休みになります。

休み自体は嬉しいものの、日本のゴールデンウイーク同様、観光地は人で溢れ、高速道路は混み、飛行機のチケットの値段も上がるので、この時期に旅行するのには少し余計にお金がかかってしまいます。

とはいえ、せっかくのお休みなので今年初大好きなカタルーニャ州の北の海岸沿いの地域Costa Brava(コスタ・ブラバ)にあるTossa de Mar(トサ・デ・マル)という街にハイキングに行ってきました。

IMG_5134

Villa Romana de “Els Ametllers”

Tossa de Marの歴史は古く、新石器時代に遡るそうです。上の写真2枚はローマ時代(紀元前1世紀〜紀元後6世紀頃)に建てられ、当時の上層階級の人々が住んでいたVilla(ヴィッラ)と呼ばれる郊外の家です。

モザイクは大部分が欠けている状態でもなお、丁寧に作られたことが想像できる上品なデザインです。

IMG_5139

旅といえば猫の写真。今回はこの子に上から見下ろされました。

IMG_5141

こちらはピンクの入り口が可愛いパン屋さん。

IMG_5154

Recinto amurallado de LA VILA VELLA

ここからは13世紀の初めに建設された、城壁に囲まれた街LA VILA VELLA(ラ・ビラ・ベジャ)です。この地域は1931年にスペインの『歴史文化建造物』として指定されました。カタルーニャ州の海岸沿いで唯一残っている中世の要塞の街です

IMG_5156

IMG_5158

IMG_5163

IMG_5167

IMG_5169

IMG_5170

この城塞の街が最も繁栄したのは15世紀で、城塞内には80軒もの家が建てられていたそうです。城塞内の広さおよびその他の建物の存在を計算に入れると、80軒はかなり多いと感じます。そしてその家の多くが、城塞を家の奥の壁として使っていたそうです。確かに、場所も有効に使えて、家を建てる手間も少し省けますね。

IMG_5171

こちら上下はSan Vicente(サン・ビセンテ)という教会です。現在は大部分が崩壊状態ですが、11〜12世紀のローマ時代に作られた教会が、15世紀にゴシック様式として改築されています。

IMG_5175

IMG_5178

昔要塞の一番高い場所には昔お城が建っていたそうですが、現在は灯台があります。

IMG_5184

Bar La Lluna(バル・ラ・ルナ)というこちらのバルは、タパスが美味しいそうです♪ 試してみてください。

IMG_5201

城塞は外から観るとこんな感じです。本当にしっかり原型をとどめています。

IMG_5189

お昼には好物のArroz caldoso con bogavante(ロブスター入りスープご飯)をいただきました。カタルーニャ州やバレアレス諸島の料理です。機会があれば、試してみてください♪

IMG_5193

IMG_5197

IMG_5218

最後にモデルニズム様式の建物を紹介します。Casa Santsという名前のこの家は建築家Antoni de Falguera(アントニ・デ・ファルゲラ)によって1906年に建てられました。現在はDiana(ディアナ)というホテルとして使用されているので宿泊することも可能です。

IMG_5203

IMG_5204

IMG_5205

IMG_5206

IMG_5207

パティオ(中庭)があるかと思われた場所には天井がついていて、オープンスペースに宙づりの植物が印象的でした。

IMG_5209

IMG_5210

モデルニズムの特徴の曲線と植物のデザイン。

IMG_5215 ローマ時代の遺跡、中世のお城、20世紀初頭の建築と、とても小さな街なのに、人類が積み重ねてきた歴史の重みを感じる訪問となりました。

  • Tossa de Mar

バルセロナから直行のバスあり。

行き帰り24ユーロくらいでお手軽に旅行できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.